個人間融資って何?利用してはいけない理由や代わりとなる借り入れ方法を解説します☆

個人間融資は利用してOK?

コロナ禍以降、あらゆる人がお金の不安を抱えざるをえなくなりましたよね。

もしかしたら「#個人間融資」が気になっている人もいるかもしれません。

 

しかし個人間融資は、デメリット・リスクばかりなので利用は絶対にNG

今回は個人間融資について、サクッと要点を解説していきます♪

個人間融資とは☆

勧誘は無視でOK

個人間融資とはその名の通り、個人間のお金の貸し借りのことです。

一般的には、以下のような個人間の貸し借りを指します。

  • SNSでのお金の貸し借り
  • BBS(ネット掲示板)でのお金の貸し借り

カードローン会社の審査通過が不安な方は、利用を検討してしまうでしょう。

しかし個人間融資はお金を借りる手段としては、選択肢から外すべきです♪

個人間融資のSNSでの勧誘例

個人間融資は以下のような文で宣伝されています(あくまで例)。

  • 「ピンチの方必見!気軽に相談してください!20歳以上であれば最大15万円まで対応できますよ!ブラックの方もOKです!! #個人間融資 #個人融資」
  • 「困っているならお金貸します。 #個人間融資 #女性限定」
  • 「コロナで困ってませんか?個人融資してますー。大体30万円まで。詳細は固定ツイートを見てください! #個人融資 #即日対応 #条件あり」

お金に困っていても、どれにもコンタクトをとらないようにしてください。

個人間融資を利用してはいけない4つの理由☆

ほぼ100%闇金業者

個人間融資は利用NGである理由を4つ紹介します。 

  1. 個人を装った闇金である可能性が高いから
  2. 個人情報が悪用される可能性が高いから
  3. 犯罪に巻き込まれる可能性が高いから
  4. お金を借りるのに他の手段があるから

利用を検討している方は、必ずチェックしてくださいね♪

①実際は個人ではなくほぼ闇金だから

個人間融資を募っている人は、闇金の人間である可能性が高いです!

闇金は違法な高金利で、数万円の融資でも人の人生を破滅させます。

 

金融庁も個人間融資については、頻繁に注意喚起をしている現状。

コロナ禍の中で、闇金の食い物にされないようにしましょう♪

②渡した個人情報が悪用されてしまうから

個人間融資では、運転免許証などの提出を求められます。

そのため以下のようなリスクが今後つきまとうことに…。

  • 詐欺に利用される
  • 犯罪組織の標的にされる(リストに載る)

自分の本人確認書類で詐欺をやられたら、たまったもんじゃないですよね!

共犯者として警察に逮捕されて、一連の流れが勤務先に知られることもあります。

 

またガードが甘い人間として、以降は高確率で犯罪組織のターゲットになるでしょう。

審査がイヤだったとしても、カードローンを利用する方が断然マシです♪

③脅迫行為をされるきっかけになるから

特に女性は個人間融資の担保として、裸の写真の提出を求められることも…。

渡してしまうと完済しても、写真を脅迫材料として使われることもあるんですね。

 

悪質なケースでは、以下のような行為を求められることも報告されています!

  • 性行為を求められる(#ひととき融資)
  • 家族や勤務先にバラすと脅される

許しがたい行為ですが、同じ目に遭わないためにも自衛することが大切です♪

④利用しなくても他の方法があるから

そもそも個人間融資だけでなく、他の借り入れ方法もあるはずです。

  • 家族から借りる
  • 知人から借りる
  • カードローンから借りる
  • 公的融資を受ける

周囲から借りられない方は、カードローンの利用がおすすめ。

もちろん審査はありますが、20歳以上で働いていればチャンスはあります!

 

また公的な融資制度も色々あるので、検索・検討するのも良いでしょう。

個人間融資を利用する必要はまったくありませんよ♪

個人間融資を利用する前に検討してほしい消費者金融2社☆

個人間融資を利用するくらいなら、正規の消費者金融を利用すべきです!

シーンにわけておすすめしたい消費者金融は2社あります。

  1. プロミス(まず検討すべき!)
  2. アルコシステム(プロミスに審査落ちした場合)

プロミスがダメならアルコシステムを検討してみてください♪

①プロミス

プロミスはメリットがたくさん

プロミスは大手消費者金融の中でも、メリットが多いのが特長です!

具体的なメリットの例を挙げてみましょう。

  • 最短で申し込んで1時間で融資を受けられる
  • 振込融資にかかる時間は最短10秒の「瞬フリ」
  • WEBから24時間365日都合が良いときに申し込める
  • 申し込みから融資までWEB完結で来店不要
  • カードレスでスマートに利用できる
  • 30日間無利息サービス※で一定期間は利息負担ナシ
    (※メールアドレスの登録とWEB明細の利用登録が適用条件)
  • 50万円までは必要書類は本人確認書類だけでOK
  • ほとんどの返済方法が手数料無料
  • スマホアプリから申し込んでもOK
  • 独自のポイントサービスで無利息期間も作れる

これらのメリットがそろうのは、大手消費者金融の中でもプロミスだけ。

特に「面倒な手続きなく今日中に借りたい」という方はプロミスがおすすめ。

 

これ以上のメリットがある消費者金融は、2020年8月現在ありません。
そのため申し込んでも利用したことを後悔することはないはずです♪

プロミスの商品概要
  • 適用金利:年4.5%~年17.8%
  • 利用限度額:500万円まで(総量規制の対象)
  • 返済日:毎月5日・15日・25日・月末のいずれか
  • 返済期間:原則最長6年9ヶ月
  • 返済回数:1~80回
  • 遅延損害金:年20.0%
  • 担保・保証人:不要
  • 利用不可:未成年者・70歳以上・安定収入がない

☆最短で申し込みから1時間でお金を借りられます☆

プロミスに申し込む

②アルコシステム

アルコシステムは正規業者

「個人間融資を検討しなきゃいけないくらい余裕がないんだもん!」

そんな方に申し込みを検討してほしいのが、老舗の消費者金融「アルコシステム」。

アルコシステムは知名度は低いですが、1983年創業と歴史あり。

もちろん闇金ではなく、正規の貸金業者なので安心してください。

 

WEBから24時間いつでも都合が良いときに申し込みOKです!

最短で即日融資ができるので、申し込んだその日に必要なお金が用意できます。

 

カードローンの審査に通らない…」という方は特に、検討してみましょう。

個人間融資を利用せずとも、安心・安全にお金を用意できるはずです(要審査)♪ 

アルコシステムの商品概要
  • 適用金利:年18.0%
    (貸付額が10万円未満の場合は年20.0%)
  • 利用限度額:50万円まで(総量規制の対象)
  • 返済日:利用者が設定した日
  • 返済期間:最長5年
  • 返済回数:1~60回
  • 遅延損害金:年20.0%
  • 担保・保証人:原則的に不要
  • 利用不可:未成年者・健康保険未加入・他社延滞中

☆最短即日融資の「応援プラン」好評受付中☆

アルコシステムに申し込む

個人間融資まとめ☆

闇金の誘惑に負けない

  • 個人間融資は一般的にネットでのお金の貸し借り
  • 個人間融資は金融庁も注意を呼びかけている
  • 個人間融資を勧誘する個人は実は闇金である可能性大
  • 個人間融資の利用は闇金に個人情報を渡すのと同然
  • 渡した個人情報は悪用されたり脅迫の材料にされたりする