ボーナスが出ない!なら辞める?2020年「私」はどう動くべきかを解説☆

ボーナスなしは転職すべき?

皆さん、夏のボーナスはもらえましたか?

新型コロナウイルス感染拡大の影響で、多くの業界が打撃を受けています。

 

「ボーナスなんて…」という方も多いでしょう。 

そこで今回は今年(2020年)のボーナスについて、要点を解説していきます♪

そもそもボーナスとは☆

現在のボーナスは色んな性質が含まれる

ボーナスとは、毎月の給料とは別に支給される特別な給料のこと。
日本語では賞与ともいわれており、ルーツは江戸時代にあるらしいです。

 

ボーナスは戦前と戦後で、性格が少し変わるといわれています。

  • 戦前…出費がかさむ夏と冬に恩恵の一時金として支給する
  • 戦後…低賃金の補填として支給する

現在のボーナスは、どちらの性格も持っているといえるでしょう♪

2020年夏のボーナスの状況

さまざまな業界が影響を受けているのは、みなさんご存知の通りです。

かなり大ざっぱですが、以下のような状況といえます。

  • 大企業のボーナス…前年比2%~6%減
  • 中小企業のボーナス…前年比9%~33%減

特に影響を受けた、旅行業界や飲食業界ではボーナスゼロもあるようですね。

また大手旅行会社では「冬はゼロ」を公言しているところも…。

 

夏に影響があった会社は、冬の影響も避けられないかもしれません。

 

そうなると転職を考える方もいるでしょう。

次は転職の是非について考えてみます♪

ボーナスが出ない会社「辞めるべき?」「そのままいるべき?」

ボーナスなしの会社の去就

ボーナスが出ない実害が大きい方は、転職を考えるのも自然なことですよね。

当たり前かもしれませんが、選択肢は2つあるかと思います。

  • ボーナスが出ない会社だから辞める
  • ボーナスが出ない会社だけど辞めない

2つの選択の合理性や影響をそれぞれ考えてみましょう。

いずれにしても、感情的に選択したら後悔してしまうだけです♪

「ボーナスが出ない会社だから辞める」の是非

<期待できる点>
  • ボーナスがもらえる会社に移れる
    (「ボーナスがもらえる」と安心して働ける…?)
  • 早めに動くほど恩恵が大きい可能性がある
    (投資と同じで先に動けた者勝ち…?)
  • 世間体が悪くならない
    (ボーナスがない正社員は意味ない…?)
<心配な点>
  • 転職先でボーナスなしになる可能性がある
    (結局どこも同じような状況…?)
  • ボーナスが復活するかもしれない
    (そうなれば最初から出ない会社よりはマシ…?)
  • スムーズに転職できない可能性がある
    (ボーナスが出なくても働いているほうがマシ…?)

「ボーナスが出ない会社だけど辞めない」の是非

<期待できる点>
  • 来年はボーナスがもらえるかもしれない
    (早まった動きはリスク大…?)
  • 苦手だった人が辞職する可能性がある
    (不幸中の幸い…?)
  • 退職者が多ければ昇進のチャンスがあるかもしれない
    (ピンチはチャンス…?)
<心配な点>
  • モチベーションが維持できないかもしれない
    (やっぱりボーナスなしは実質的に非正規…?)
  • 収入減なのに仕事量が増える可能性がある
    (動けばよかったと後悔することになる…?)
  • 最悪の場合は倒産するかもしれない
    (会社に頼り切りだった自分が悪い…?)

それぞれの是非のまとめ

国を挙げて同一労働・同一賃金※を目指している昨今。

(※正規・非正規の待遇差を解消していく動き)

ボーナスという概念自体が見直されるかもしれません。

 

しかしこれまでもらっていた人は、やっぱり引き続きもらいたいですよね。

まずは世の中の動きを見ながら、感情的にならずにうまく動きましょう。

  • 上司などへの相談(自社のデータ収集)
  • 友人などへの相談(他業種の同年代のデータ収集)
  • キャリアカウンセラーなどへの相談(自身の考えのフィードバック)

慎重に動くなら冬はどうなるかを見た上で、判断してみてもいいかもです。
それぞれのポイントを考慮して、自分に最善の選択をしてみてください♪ 

ボーナスなんてない!という方におすすめな消費者金融☆

今月ピンチ…という方は、カードローンの利用も検討しましょう。

おすすめしたい消費者金融を2社紹介します!

  1. プロミス
  2. アルコシステム

大手ならではのメリットや安心感を求める方は、プロミスがおすすめです。

審査に自信がない方は、アルコシステムに申し込んでください。

おすすめ消費者金融①:プロミス

プロミスは保険として使える

プロミスは最短1時間融資を公言する大手消費者金融。

振込融資は最短10秒なので、とにかく急いでいる方におすすめです。

 

もちろん土日祝日も即日融資に対応しています!

また将来の金欠に対する保険として申し込んでおくのもアリ。

 

コロナ禍のような経済危機が再度あったとしても、ピンチを回避できるでしょう。

何が起こるかわからない将来、複数の補給路を作っておくことが大切です。

 

目ざとく将来を予測して、プロミスを味方にして危機を防いでください♪

プロミスの商品概要
  • 適用金利:年4.5%~年17.8%
  • 利用限度額:500万円まで(総量規制の対象)
  • 返済日:毎月5日・15日・25日・月末のいずれか
  • 返済期間:原則最長6年9ヶ月
  • 返済回数:1~80回
  • 遅延損害金:年20.0%
  • 担保・保証人:不要
  • 利用不可:未成年者・70歳以上・安定収入がない

☆最短で申し込みから1時間でお金を借りられます☆

プロミスに申し込む

おすすめ消費者金融②:アルコシステム

アルコシステムを検討しよう

そもそもボーナスなんて夢物語!」という方も多いでしょう。

いわゆるコロナ禍以降は、ダブルで家計が苦しくなっていることも…。

  • コロナ禍とボーナスなしで流石にピンチ…
  • 生活費など諸々で10万円が必要…
  • 将来のために本気で資格勉強したいけど費用不足…

そんなときにおすすめな消費者金融が「アルコシステム」。

聞き慣れない名前かもしれませんが、1983年創業の老舗です。

 

申し込みはWEBから、24時間いつでも受付中(土日祝日は休業)。

最短でその日のうちに、指定した口座に送金してもらえます。

 

「プロミスの審査に落ちてしまった…」という方は特に、検討してみてください。

アルコシステムは、苦しんでいるあなたの救世主になるかもしれません♪ 

アルコシステムの商品概要
  • 適用金利:年18.0%
    (貸付額が10万円未満の場合は年20.0%)
  • 利用限度額:50万円まで(総量規制の対象)
  • 返済日:利用者が設定した日
  • 返済期間:最長5年
  • 返済回数:1~60回
  • 遅延損害金:年20.0%
  • 担保・保証人:原則的に不要
  • 利用不可:未成年者・健康保険未加入・他社延滞中

☆最短即日融資の「応援プラン」好評受付中☆

アルコシステムに申し込む

2020年ボーナス事情まとめ☆

未来のためにいま動こう

  • ボーナスとは特別な給料で夏と冬の支給が一般的
  • コロナ禍の影響で大企業も中小企業も支給額は大幅減
  • ボーナス減の会社を転職すべきかは総合的な熟慮が必要
  • ボーナス大幅減 or ボーナスなしでカツカツならアルコシステムも有効